| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今年もよろしく!

 
あっという間に、1月も半分過ぎました。
今年もよろしくお願いします!

年始は、神戸に行ったりしていましたので、
東京に戻ってきて、たくさんの事務処理が溜まってました(泣)

僕はみんなと繋がることや、人と人が繋がることが好きです。
ので、この年末年始は小学校、中学校、高校、大学、アルバイト、元同僚など
たくさんの飲み会を企画したり参加したりしてきましたよ。

全部で、100人ちょっとの人と繋がってきました。
とても楽しかったし、みんなも喜んでくれていて嬉しかった。
また、今年一年もっと頑張ろうと思えた。
(みんな頑張っているから負けられません。)
ただ、飲みすぎで身体がフラフラだったけどね。


仕事の話もちょっとすると、
今年から商品のシールを新しくしましたよぉー
玄米新 甘酒新 

大好きな書家の藍さんにお願いして書いてもらいました。
とっても元気がよくていいでしょ。
絵文字屋さん 


『早穫り うまい米』
てしなく
やどりゆく
うまい米をいただいて
元気なまいにちありがとう


『甘酒』
あまくやさしく よい夢醸して
さけさけ豊かなる宴

『古代玄米甘酒』
いにしえ(古)より
元(玄)気に舞い(米)ゆく
旨(甘)味をかみしめるよろこび


あれっ、最後のはどこへ・・・・
まぁいっか、とても元気になるお米なのです。

以前より、このお米で作った甘酒は
(と言っても、アルコールは入っていません)
独特の甘みがあって人気がありましたが、
それに、古代米の赤米、黒米、緑米をさらに使って
古代玄米甘酒が出来上がりました。
とっても香ばしく美味しくなりましたよぉー
古代米の力でエネルギーUPです。

このお米は、健康にもデトックスにもダイエットにも効果が高くて美味しい。
たくさんのお客様に喜んで頂いております。

その秘密の一部をちょっとだけお話すると、
このお米は、元来種のお米です。
なので酵母がたくさんついてます。
これが旨味や甘み、身体にとても良い作用を起こしているのです。
(元来種とは、その先祖がコバルト放射線を浴びた事がない米のことです。
戦後まもなくのこと食糧不足や食味の改善、風水害・病気に強い品種を
つくるために放射線を種にかけました。突然変位種をつくって、
そのなかから人間にとって都合の良い種を選び、
同じようにつくられた種同士を交配しました。
流通している米のほとんどはこうしたお米です。)



お米の品種改良はとても進んでいます。
突然変異したものを掛けあわせていきます。
でも、その手段の一つに放射線照射があります。
人工的に突然変異をつくる訳です。
イネに関していえば100種以上が生まれ、
その系統品種もその後に生まれています。
ちょっと怖い話ですね。

自然の振る舞いを人工的に行うことで効率を良くすることが出来ます。
安全性に問題はないと言われていますが、メリットにはデメリットが
伴うのが自然の摂理でもあるわけですから・・・・

野菜のF1種やハイブリット種の問題もあり、
植物自体から、その命を連続させていく力を奪っているのかも知れません。
私達が食べるものの危うさの、ほんの一端かも知れませんが、
古来種を守ることも大切なこだと僕は思っています。
このお米をすすめている理由の一つでもあります。

また、このお米は早穫していますので、若くて柔らかい勢いがあるお米なのです。
玄米なのに白米と同じように炊けて美味しく、粒も小さいので
ビタミンやミネラルや繊維を普通の玄米より倍以上食べています。
さらに特別な栽培法で調整をしています。(特許出願済)

私達は他の命をいただいて生きています。
命の循環の一部にいる訳です。
そのためにも力強い命を頂いて、
また循環させて行かなくてはならないのです。


今年も、このお米を通して多くの新しい人たちと繋がれるといいなぁ
頑張っていきますね。

おしまい


PS、知人よりメールで知らせがきました。
「遺伝子組換えダイズの第一種使用に関する承認に先立っての
意見・情報の募集について」

このパブリックコメントで国民の意見をこれで聞いた事にする政府の
いつもの手段です。意見がなければ、認めた事になるみたい。
大切なことなので、みなさん意見を言って参加してくださいね。


   





スポンサーサイト

| 食養学 | 19:21 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

歯医者さんのつづき

 
先日の歯医者さんのつづきです。

以前、噛み合わせについてのセミナーを受けたことがあり、
とっても感銘を受けたことがあります。
でも、講演してくれた人が明石の歯医者さんだったので、
ちょくちょく通うわけにも行かないので、
近くに噛み合わせに詳しい歯医者さんないかな~と思って、
一冊の本を手にとってことがあります。

それが、今回行った歯医者さんの
笠茂歯科医院さんです。

食養学の話をする中にも、真っ直ぐ立って歩くことの重要性をよく話します。
人も動物のカテゴリーに入ります。

動く物なのです。まっすぐに立てることは動く物にとっては重要です。
でも現代人の殆どの人が真っ直ぐに立っていないんですよね。
どちらかに偏っています。実は、このことが多くの不調に繋がっているのです。

食べること同様に、もしかするとそれ以上に大切な部分かも知れません。
考えてみれば運命も命を運ぶと書きます。
なので動物にとって止まることは死を意味して
動きがあることが命を立ち上がらせます。

よく宿命と言って、囚われている人がいます。
この考えは本来的には正しくありません。
そのようなベースがあったとしても、それを元に
命を留まることなく動き運びつづけることこそ
僕達に備わった本能といえるからです。
そこから新しい運命と出会い開けていくことが大切と言えそうです。
それを安岡正篤さんは立命と表現されたんですよ。

前置きはそれぐらいにしてと

そんな訳で、せっかく歯を治すなら、
噛み合わせもしっかりいてくれるところでと思い、
以前から本を読んで行ってみたいと思っていた
笠茂歯科医院へ行ってきました。


英ちゃん 


いろいろ質問したりしながら、治療してくれます。
一つ一つ丁寧に説明してくれます。
なるほど、なるほどと勉強しながら治療を受けることになりました。
本当におすすめの歯科医院ですよ。

〇笠茂歯科医院サイト


写真の2つの本は一緒に読むと良いです。
噛み合わせと足裏と身体全体の繋がりがよく分かります。

近所の歯科では来週から治療に入りましょうといわれましたが、
笠茂歯科医院では噛み合わせも見ながら、時間をかけて来年から
治療してゆきましょうと言われました。僕はそちらを選ぶことにしました。
ちゃんと治したほうが良いと思えたからです。



話は変わっちゃいますが、
ところで先週、ついにあの本を読んじゃいました。

重心の本 


僕の周りにも、「英ちゃんの成りあがりを読んで、もの凄く影響を受けた。」
という人がたくさんいます。経営者にも多いようです。

でも、ずっと何だかガラじゃないなぁ~と読む機会がありませんでした。
思い出としては、中学生になったとき、3年生のやんちゃな先輩達から
「加藤、ギターやるんだって、オレのバンドで弾いてくれるよな」
と誘われてバンドの手伝いをしたときの話。
これやるぞ!言われた曲がキャロルやクールスだった。
やっぱりと言えば・・・・
僕の感覚的には暴走族や不良の音楽やんか(泣)

洋楽好きな僕としては???????な世界、
そして、怖そうな先輩達と何でまたオレが????????
という感じだったのですが、やってみると案外面白いし楽しい!

先輩たちも本当に可愛がってくれて面倒みてくれる。
最初は怖い人達が、だんだん優しい兄ちゃん達
みたいになってきた。

今になって思えば、おかげで1年生のときから大きな顔して中学校へ行けたし、
3年生の人達から随分かわいがられたんだよね。

でも、そんなイメージだったから、
ちょっとオレには・・・・・・・だった。

それが、最近のCMなんか見てると
無性に矢沢栄吉って、自然体でかっこいいなぁ~
と感じるようになってきて、どんな人なんだろうと思った。

なので、さっそく本買って読んでみました。
その内容は、自分の人生とその責任を真正面からとって
勝負していく凄い人だったんだと、今さら感動しました。
ファンの人には怒られそうですね。知らんかったんかぁーと

でも、普通の成功した人の自叙伝と違って
赤裸々に正直に書いてあって、
本当にその歩みが分かりやすかった。
普通のビジネス書より、遥かにビジネスにも人生にも
大切なことを気付かせてくれたかもです。

そんなこと思ったので書いてみました。


おしまい



| 食養学 | 23:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

そう言えば!

 
そう言えば、先週まで週1回
『毒だし道場』と銘打って食養学セミナーやってました。
ブログに書かなきゃと思っていて忘れてました。

ご参加頂いたみなさま凄く楽しそうでしたよ。
また、来年2月にも開催予定です。
ご興味がある方はご連絡下さいね。
身体と心と動きの秘密をお話します。

☆毒だしセミナーの模様です。


| 食養学 | 18:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アレルギーのお話

冬らしく寒くなってきましたね。

自転車通勤しているので手が冷えます。
そろそろ手袋が必要のようです。

今日は、わざわざ宮城県の健康食品を製造・販売されている会社の方が
ご来社くださいました。

自社の素材を活かした化粧品を企画されているそうです。
これがなかなか難儀な話で困っているとのことだそうです。

持ち込み原料での、INCI名取得も含めた
PB・OEM化粧品は何度も作ったことありますが、
本当に難易度が高い企画なんですよね。
困ったぁーーーーーーー

その素材もとっても自然なもので、興味深いです。
相当難しいかも-------------
でも最善のことはやってみますわ。


僕も今、乳酸菌と酵母のことで頭を痛めています。
これ商品化できれば、お肌にもお腹にも、風邪にも、
アレルギーにも、良い商品になるだけどもなぁ~

本当に良いものは万能なんだろうと思う。
何にでも使えて、良くなるものが本物です。

でも、化粧品区分になると薬事法の枠組みに入らないといけないので、
精製され、安定化され、純粋化され、無生命化されます。
これって、より安全に、より効率よく、より便利に、
みんな僕らが求めてきたことなんだよね。

現代の科学的アプローチは、細分化、専門化して発展してきました。
だから、分かる・理解する・分析するは、みな分かれていく漢字を当てています。
これは、あるがままの自然から分かれていくという意味を指しています。
最たるものが医薬品ですよね。

否定するつもりはありません。便利だし必要な場合もあります。
安定・均一したことによって、安心して使えるようにもなりました。

しかし、物事には何でも表裏が存在します。
便利・安定というメリットを得れば、失うものも同時に発生します。


科学には還元主義という考え方があります。
部分を組み立てれば全体が出来上がるはずだ・・・

たとえば、60兆個の細胞をパーツとして、作って組み立てれば
人間が出来上がる。

こんなことは実際ありません。
僕らは宇宙へロケット打ちあげらられるようになりまいたが、
生命を作り出すことは、未だに出来ないのです。


だから今、分かっていることが全てではないということです。
もしからした自然の生業のほんの、いち部分だけが
科学的に証明できただけかも知れませんね。


生の自然や生命は、もっと違う雑多な原理で生きています。
そんな側面も同じように必要なんだろうと思っています。

精製された食材、加工して安定化した加工食品も便利ですが、
ホールフードや無加工の自然栽培の食材を求められる時代です。
化粧品にもそんな要素が求められようとしているのではないだろうか、

でも、化粧品の場合は法律で、それはお肌に使ってはならない
となっちゃうんですよね。ここの壁をどう超えていくか・・・・・

もっと、健康に、美に近づこうとすると、
超えないといけない山がいっぱいあります。
前進してみようじゃありませんか!



あれっ、アレルギーのこと書こうと思っていたのに長くなっちゃいました。
なんで、こんなことを書き始めたんだろう??????
でも、これってアレルギーにも関係してます。
自然と離れた距離がその症状を起こさせます。排出させようとするんですよね。
自然に近づく生理を求めています。その準備がアレルギー症状のようです。
だから、症状は抑えるものではなく、排出させることから始めます。
改善する方向に実は向かっているのです。


昨日、友人のお知り合いの方から「早穫り うまい米」の御注文を頂きました。
喘息や、花粉症でお困りになっていらっしゃるとのことです。
なんで、ブログで書こうと思ったのですが・・・・・・

次回、書きますね。ごめんなさいです。


おしまい、




| 食養学 | 18:18 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

久しぶりの登場です。

ときどき聞かれたりすので、
今朝、写真撮ってきました。

ゼニぜに(大、でも今は-カメ吉-と呼んでいるよ。2歳4ヶ月)
チビぜに(小、やっと慣れてきたかなぁ。よく食べるようになった。1歳4ヶ月)

チビぜには去年は食が細く、あまり大きくならなかったので、
冬を越すのが心配でした。

まだ、子供なので冬眠させるわけにもいかず、室内で冬を越しました。
ときどき、一緒に浴室に連れて行って暖かくしたりしていました。

でも、この夏には食欲も旺盛になり、身体も大きくなりましたよ。
先日、体長(甲長?)を測ったみたら、
カメ吉、11センチ
チビぜに 7センチ

かめ吉 

1年前はこんな感じだったのだから、よく育ってくれましたね。

新しい仲間 登場 


体の大きさが違い、エサを上げても全部、カメ吉に食べられてしまい、
仕舞いに威嚇までされていたので、しばらくして別々の水槽で飼ってました。

先日、大きくなったことだし、寂しいだろうから、
ついに一緒にさせることにしました。
最初は、カメ吉が興味深々らしく、追い回されていて心配しましたが、
ようやく慣れて仲良くやってくれるようになりましたよ。
けっこう人にも懐くので、かわいいんですよね。

同時に水槽も大きくしました。
しかし、こんな会話が息子との間にありました。

カメをそもそも飼いたいと言い出したのは息子なのですが、
毎日のお世話が適当な感じで、面倒をみません。

「お前が欲しいと言ったのだから、
  もっと責任を持って、面倒みなきゃダメじゃないか。」


「・・・・・・・・・・・・・・・・・・、シーン」(反省中)

いろいろと言い訳が多いので、
(今までにも何回もこの話題になっているのですが、
                  いっこうに改善されません。)


「もう、お前には生き物を飼う資格はない!」


「・・・・・・・・・・・・・・・・・、シーン」(反省中)


「もう世話しなくてよし!これからは、こっちで面倒みることにするからな!」


「・・・・・・・・・・・・・・、シーン」(反省中?)


「分かったか!」


しばらくすると、深々と頭を下げて、反省したのかと思いきや、
「どうも、ありがとうございます。」


おいちょっと待て!ドテッ、
期待したのとは180度違う答えが返ってきた。
なんじゃこりゃ!って感じなのですが、
それ以後、カメの世話は親の仕事となりました。(泣)

この予想外の結末には笑ってしまうのですが、
子供の教育とは難しいものだと反省しています。

でもどうするんだ?
このカメたち、絶対にオレより長生きすると思う。
いつかは、お前が面倒みるようにする方向で話し合うしかないなぁ。
そんな不安がよぎりました。

でもカメは可愛いよ!



おしまい、



追伸、
fantaさんへ、毎回コメントありがとうございます。
ご飯の量を一食の半分以上にするのは、最初は変に感じますよね。
慣れてくるとそうでもないんですけどね。
あまり厳密にじゃなくても良いので少し意識するようにしてみてください。
ちょっと、娯楽食、食べ過ぎたかなぁーと思ったら、
次の食事は粗食(素食)に変える。といった感じで考えています。
(夜は外食や飲み行くことも多いので・・・)
7号食は、僕は年に1回から2回です。季節の変わり目にしています。
梅雨明けが多いです。頻繁にやる人もいますが、
多くても年に4回、季節の変わり目ぐらいで充分です。
デトックスやダイエット、体調不良改善などの目的がある場合は別ですが・・・
あと、料理はときどき作るぐらいです。

『早穫り うまい米』は 1キロ(1袋)=840円(税込)となります。
お客様への配送は5キロ(5袋)と10キロ(10袋)があります。
5キロの場合は送料525円(税込)のご負担をお願いしています。
10キロの場合は送料はかかりません。
※北海道と沖縄県の場合は別途送料を525円頂いています。
こんな感じですよ。ご興味のある方は右側のリンクからメールくださいね。
    


| 食養学 | 18:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。