2010年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年01月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

良いお年のお迎えください。


ようやく実家に帰省してきました。
岐阜は寒くてビックリ
雪も少し舞っているようです。

2010年もあと1時間半ですね。
今年も多くの人と出会い、お世話になりました。
ありがとうございました。

来年は、いろいろと新しい取り組みに挑戦しようと
考えております。

また、多くの方からの応援が必要となります。
よろしくお願いしますね。

それでは紅白を見ながら年を越そうかなぁ・・・

みなさま良いお年をお迎えください。



2010年大晦日、実家にて


スポンサーサイト

| 徒然日記 | 22:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

kotosimo

| 未分類 | 22:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

乳酸発酵エキス

 
本日、乳酸菌発酵エキス開発者の方とお話してきました。

通常の発酵エキスは2段階発酵レベルで製造しているとのこと。
それ以上の熟成になると、味も臭いも濃厚になり
一般的な商品にはできないようです。
この発酵エキスは5段階の発酵を2年かけて行うもので、
国産有機大豆に非加熱天然湧き水を使っての製造です。
原液は、かなりワイルドで
濃厚なものです。

乳酸発酵 
 

3時間の議論(かなり熱くなっちゃいましたが)の末、
ようやく方向性が見えてきました。
身体の根本軸を腸と捉えて、長年研究されて完成した乳酸菌発酵エキスです。
僕が考える食養学と美容との軸と全く同じです。
よく共鳴したものが作れると確信できます。
 
化粧品でも健康食品でもなく食品として化粧品?を作ろうと考えています。
本物の商材は、万能で食べても飲んでもお肌につけても良いはずです。
そのため、健康食品としてではなく、僕も化粧品としてでもはなく、
真剣に作りたいと思ってます。
 
これは来年に向けて、ちょっと考えている開発企画コンセプトの一つで、
美容・健康の業界の人たちに問いかけてみようと考えてます。
化粧品や健康食品の開発をしていると、法律上のからみやら何やらで、
かなりの矛盾があったり、消費者の感覚を麻痺させたりしている現状があります。
もう新しい考えが必要で、お客様も気付き始めているように感じます。
 
かなり業界からの抵抗がありそうですが、せっかく食養学も持ち込んでみたので、
その軸の延長線上に強い商材を作りたいと思っているのです。
フードalwaysコスメ&コスメalwaysフードとなるのかな。
まだまだ、この概念を練り上げなくてはなりません。
「化粧品業界に問う」という題名で書きながら、
考えをまとめていこうかな。ご意見をコメントくださいね。
 
 でも、まだまだ、超えなくてはならないハードルがたくさんあります。
現状でも化粧品への応用はNG、希釈もNGです。
来年早々から始まる新規の開発が必要になります。
良い商品が必ず誕生するはずです。



今、ご相談を受けている健康飲料についても、
開発企画で悩んでいます。
とても、良い素材で健康食品として大きな実績と信頼があります。
でも、薬事法では身体に良い菌でも生きていてはダメです。

マコモ粉 

 
化粧品は薬事法の範疇に入ります。
といことは、生きているものではありません。
天然の素材から抽出、精製、培養など加工され安定化したものです。

じゃ、自然化粧品、天然化粧品という消費者へのイメージづくりは
本質を突いているのだろうか?

もっと化粧品には別の重要な役割が本来あるんじゃないだろうか・・・・

ここからが、今、僕が考えることです。

練り上げて考えていこうと思っています。

で、どうしても化粧品にしないといけないんだろうか?
こんなに実績のある良い素材なら、別の角度から開発したほうが、
もしかしたら、お客様に訴えるものが多いような気がします。

自分の仕事を否定して、どうすんの・・・・・・・・・・・!
でも、そこから新しいものが生まれるような気がします。


なんだか、まとまりがありませんが、

おしまい、



| OEM | 23:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

歯医者さんのつづき

 
先日の歯医者さんのつづきです。

以前、噛み合わせについてのセミナーを受けたことがあり、
とっても感銘を受けたことがあります。
でも、講演してくれた人が明石の歯医者さんだったので、
ちょくちょく通うわけにも行かないので、
近くに噛み合わせに詳しい歯医者さんないかな~と思って、
一冊の本を手にとってことがあります。

それが、今回行った歯医者さんの
笠茂歯科医院さんです。

食養学の話をする中にも、真っ直ぐ立って歩くことの重要性をよく話します。
人も動物のカテゴリーに入ります。

動く物なのです。まっすぐに立てることは動く物にとっては重要です。
でも現代人の殆どの人が真っ直ぐに立っていないんですよね。
どちらかに偏っています。実は、このことが多くの不調に繋がっているのです。

食べること同様に、もしかするとそれ以上に大切な部分かも知れません。
考えてみれば運命も命を運ぶと書きます。
なので動物にとって止まることは死を意味して
動きがあることが命を立ち上がらせます。

よく宿命と言って、囚われている人がいます。
この考えは本来的には正しくありません。
そのようなベースがあったとしても、それを元に
命を留まることなく動き運びつづけることこそ
僕達に備わった本能といえるからです。
そこから新しい運命と出会い開けていくことが大切と言えそうです。
それを安岡正篤さんは立命と表現されたんですよ。

前置きはそれぐらいにしてと

そんな訳で、せっかく歯を治すなら、
噛み合わせもしっかりいてくれるところでと思い、
以前から本を読んで行ってみたいと思っていた
笠茂歯科医院へ行ってきました。


英ちゃん 


いろいろ質問したりしながら、治療してくれます。
一つ一つ丁寧に説明してくれます。
なるほど、なるほどと勉強しながら治療を受けることになりました。
本当におすすめの歯科医院ですよ。

〇笠茂歯科医院サイト


写真の2つの本は一緒に読むと良いです。
噛み合わせと足裏と身体全体の繋がりがよく分かります。

近所の歯科では来週から治療に入りましょうといわれましたが、
笠茂歯科医院では噛み合わせも見ながら、時間をかけて来年から
治療してゆきましょうと言われました。僕はそちらを選ぶことにしました。
ちゃんと治したほうが良いと思えたからです。



話は変わっちゃいますが、
ところで先週、ついにあの本を読んじゃいました。

重心の本 


僕の周りにも、「英ちゃんの成りあがりを読んで、もの凄く影響を受けた。」
という人がたくさんいます。経営者にも多いようです。

でも、ずっと何だかガラじゃないなぁ~と読む機会がありませんでした。
思い出としては、中学生になったとき、3年生のやんちゃな先輩達から
「加藤、ギターやるんだって、オレのバンドで弾いてくれるよな」
と誘われてバンドの手伝いをしたときの話。
これやるぞ!言われた曲がキャロルやクールスだった。
やっぱりと言えば・・・・
僕の感覚的には暴走族や不良の音楽やんか(泣)

洋楽好きな僕としては???????な世界、
そして、怖そうな先輩達と何でまたオレが????????
という感じだったのですが、やってみると案外面白いし楽しい!

先輩たちも本当に可愛がってくれて面倒みてくれる。
最初は怖い人達が、だんだん優しい兄ちゃん達
みたいになってきた。

今になって思えば、おかげで1年生のときから大きな顔して中学校へ行けたし、
3年生の人達から随分かわいがられたんだよね。

でも、そんなイメージだったから、
ちょっとオレには・・・・・・・だった。

それが、最近のCMなんか見てると
無性に矢沢栄吉って、自然体でかっこいいなぁ~
と感じるようになってきて、どんな人なんだろうと思った。

なので、さっそく本買って読んでみました。
その内容は、自分の人生とその責任を真正面からとって
勝負していく凄い人だったんだと、今さら感動しました。
ファンの人には怒られそうですね。知らんかったんかぁーと

でも、普通の成功した人の自叙伝と違って
赤裸々に正直に書いてあって、
本当にその歩みが分かりやすかった。
普通のビジネス書より、遥かにビジネスにも人生にも
大切なことを気付かせてくれたかもです。

そんなこと思ったので書いてみました。


おしまい



| 食養学 | 23:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アレルギーについて2                     

アレルギーにつてい書いてみます。

先日、喘息と花粉症ついて悩んでいらっしゃる方からメールを頂きました。

まずは、健康とは?
健康でいられること自体がとても複雑な要素の絶妙なバランスを
意識することなく調整してるようです。自然がくれた奇跡なのかも知れません。
身体を害される方は、どうもその自然から離れた距離に比例して
重症化するように感じます。

微妙なバランス上を、ゆらゆらと揺らいでいるのだろうと思います。
私達は動物です。静止することは死を意味します。
ぴたっとバランスをとって静止しているわけではないのです。
もちろん自然とは常に移り変わり循環するものなので、
人間もその中の存在として一緒に移り変わっているのでしょう。

右に左に、ゆらゆらしています。 (回っているのかも知れません。)
でも揺らぐとブレるは大きな違いがありますよ。
揺らぐとは軸があって揺れているので戻る芯があります。
ブレるは軸がなく、あっちへ行ったり、こっちへ行ったりします。
これでは、しまいに倒れてしまいます。 
(揺らぐ幅は少ない方がもちろん良いですよ。)

その軸とは、やっぱり自然の生理を素直に身体に
取り入れることのように思います。
自分は自然物なんだと自覚することが大切です。

なので僕は、〇〇を食べると〇〇が良くなるとか
この食事法が絶対で他はダメとかという固まった静止した
考え方をお勧めしません。

自然の多様性ある摂理とは違うように感じられるからです。
ましてや、食べ物に依存している関係のままでは本当の意味での
その人に備わった正常なる力が発揮されません。

これは、現代人の陥りやすい問題です。
もっと発展させると、病院に医師に薬に依存していることも
同じ構図と言えるからです。

人は、その場に真っ直ぐに立てれば、自然と力が発揮されます。
そうすれば主体的に正常な状態を取り戻すことが出来る、
とてもとても大きな力を持っていると思いますよ。

それには、場と心とがとても重要のように思えます。
いつか、そんなことも書ければと考えててはいますが・・・
(いつになるかは分かりません。)

そんなことのために、軸ができるといいなぁ~
と思い、セミナーなどで話ています。

昔、近所に井戸がありました。
手でよいしょよいしょとポンプ?を上下して汲み出すやつです。
あれってしばらく使わないと水が出てこなくなりますよね。
地下水と地上とを結ぶ間に空気が入るからなんです。
その時に呼び水を足して空気を抜いて、
地下水と地上を呼び水でつなぎます。
そうするとまた水が汲み上げられます。

それと一緒で人の身体にも正常になるための呼び水があります。
食や心や動きなど、いろんなきっかけが呼び水となって
自然との調和が自分の中で再発見されることが僕の目指しているところです。
その意味では食という毎日の習慣は、確かに重要な部分なのでしょう。
たくさんの方の健康と美の呼び水となっているようです。


とまぁ、今日も前置きが長すぎて本題に入れずじまいでした。
でも、こんなことを想いながら季節を感じて生活してみてくださいね。
アレルギーの裏側には季節や自然を感じていないこともあります。

気温:暑さ、寒さ、湿度:湿気、乾燥などを遮断して身体を過保護にしていませんか?
それを感じることが、身体を自然の生理に導きます。
自律神経のオンオフを正常にするのです。
正常な力を呼び起こす呼び水となりますからね。

あと、子供の喘息などのアレルギーの悩みには
多くの場合は大変やさしいお母さんが裏側にあります。
やさしくて過保護にしすぎることが遠因となっています。

寒くなったからと厚着にさせたり、
布団がはだけているので、掛けてあげたりします。
子供は寒ければ自分から布団の中に潜り込んできます。
服も自分で重ね着するでしょう。

この調整能力を奪っているケースが目に付きます。
なので乾布摩擦は自律神経の調整にもってこいですね。
昔からの健康法です。

もっと強制的に自律神経にカツをいれるには、
冷水とお湯とを交互に身体にかけることす。
サウナでもできますよ。
西式健康法に近いですよね。

特に、アレルギーにも2種類あって、
気合が入ってるアレルギー(交感神経過多)の日人より
気合が入ってないアレルギー(副交感神経過多)の人に
合うかもしれませんね(笑)

普段の生活を省みて、ゆるんでいたり、だらだらしている人には
お勧めです。


おしまい


≫ Read More

| 未分類 | 21:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

そう言えば!

 
そう言えば、先週まで週1回
『毒だし道場』と銘打って食養学セミナーやってました。
ブログに書かなきゃと思っていて忘れてました。

ご参加頂いたみなさま凄く楽しそうでしたよ。
また、来年2月にも開催予定です。
ご興味がある方はご連絡下さいね。
身体と心と動きの秘密をお話します。

☆毒だしセミナーの模様です。


| 食養学 | 18:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アレルギーのお話

冬らしく寒くなってきましたね。

自転車通勤しているので手が冷えます。
そろそろ手袋が必要のようです。

今日は、わざわざ宮城県の健康食品を製造・販売されている会社の方が
ご来社くださいました。

自社の素材を活かした化粧品を企画されているそうです。
これがなかなか難儀な話で困っているとのことだそうです。

持ち込み原料での、INCI名取得も含めた
PB・OEM化粧品は何度も作ったことありますが、
本当に難易度が高い企画なんですよね。
困ったぁーーーーーーー

その素材もとっても自然なもので、興味深いです。
相当難しいかも-------------
でも最善のことはやってみますわ。


僕も今、乳酸菌と酵母のことで頭を痛めています。
これ商品化できれば、お肌にもお腹にも、風邪にも、
アレルギーにも、良い商品になるだけどもなぁ~

本当に良いものは万能なんだろうと思う。
何にでも使えて、良くなるものが本物です。

でも、化粧品区分になると薬事法の枠組みに入らないといけないので、
精製され、安定化され、純粋化され、無生命化されます。
これって、より安全に、より効率よく、より便利に、
みんな僕らが求めてきたことなんだよね。

現代の科学的アプローチは、細分化、専門化して発展してきました。
だから、分かる・理解する・分析するは、みな分かれていく漢字を当てています。
これは、あるがままの自然から分かれていくという意味を指しています。
最たるものが医薬品ですよね。

否定するつもりはありません。便利だし必要な場合もあります。
安定・均一したことによって、安心して使えるようにもなりました。

しかし、物事には何でも表裏が存在します。
便利・安定というメリットを得れば、失うものも同時に発生します。


科学には還元主義という考え方があります。
部分を組み立てれば全体が出来上がるはずだ・・・

たとえば、60兆個の細胞をパーツとして、作って組み立てれば
人間が出来上がる。

こんなことは実際ありません。
僕らは宇宙へロケット打ちあげらられるようになりまいたが、
生命を作り出すことは、未だに出来ないのです。


だから今、分かっていることが全てではないということです。
もしからした自然の生業のほんの、いち部分だけが
科学的に証明できただけかも知れませんね。


生の自然や生命は、もっと違う雑多な原理で生きています。
そんな側面も同じように必要なんだろうと思っています。

精製された食材、加工して安定化した加工食品も便利ですが、
ホールフードや無加工の自然栽培の食材を求められる時代です。
化粧品にもそんな要素が求められようとしているのではないだろうか、

でも、化粧品の場合は法律で、それはお肌に使ってはならない
となっちゃうんですよね。ここの壁をどう超えていくか・・・・・

もっと、健康に、美に近づこうとすると、
超えないといけない山がいっぱいあります。
前進してみようじゃありませんか!



あれっ、アレルギーのこと書こうと思っていたのに長くなっちゃいました。
なんで、こんなことを書き始めたんだろう??????
でも、これってアレルギーにも関係してます。
自然と離れた距離がその症状を起こさせます。排出させようとするんですよね。
自然に近づく生理を求めています。その準備がアレルギー症状のようです。
だから、症状は抑えるものではなく、排出させることから始めます。
改善する方向に実は向かっているのです。


昨日、友人のお知り合いの方から「早穫り うまい米」の御注文を頂きました。
喘息や、花粉症でお困りになっていらっしゃるとのことです。
なんで、ブログで書こうと思ったのですが・・・・・・

次回、書きますね。ごめんなさいです。


おしまい、




| 食養学 | 18:18 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

懐かしいなぁ~

 
音楽つながりと言うことで、

今年の夏、実家に帰ったときに、
懐かしい物を持って帰ってきました。

実家の倉庫の片隅にホコリをかぶって、
ひっそりしていました。



ギター ギター2 


むか~し、むか~しに使っていたギターたちです。

久しぶりに磨いて (長いあいだゴメン)
弾いてみた・・・・・ 全然弾けない
しばらく練習が必要な感じですわ。

時間に余裕ができたら、
ギュイーンとまた弾いてライブでもやってみたいよね。


ずっと忘れていたけど、今年は音楽の話をすることが多く
思い出して、実家から持って帰ってくることにしました。

他に何本か愛用していたものがありましたが、
友達に譲ったりして、残った2本です。

左側のレスポールが僕の一番のお気に入りでした。
最近インターネットで見てみたら、今ではちょっとしたプレミアム品になってた。
学生の頃、お金をためて頑張って買ったんだよね。

ギブソンとかは、とても買えなかったので、
国産のグレードが高いやつをを買ったんだ。

右側のやつは、ジェフベックが日本に来日したときに、
ステージでテレキャスターのミニギターを弾いていたのを見て、
カッコいぃぃぃぃ・・・ と思って真似してみた。

高校出て、東京に来たときには、ミュージシャンになりたいと思って、
バンドやってたんだ。 (いろんなところでライブもやったよ。)

当時、イカ天なんかが流行ってて、
先輩の「はなわか」というバンドがチャレンジャーになったりしてたなぁ~
と、思いググってみたら、ありました、ありました。
YouTubeに当時の演奏が、ビックリしたぁー

☆イカ天「はなわか」演奏by:YouTubeより


YouTube恐るべしですね。懐かしくて嬉しい!
でも、もう少しカッコいいファションで決めてくれれば・・・・今さら思う。

いろんな人がいたけど、当時はU2なんかが出始めて、
アバンギャルド(死後・・)なクールなカッティングが出来るギターが人気あった。

みんな先輩で上手かったなぁ~、
僕もギターだったので、ギターの先輩のこと凄いなあと思ってた。
学際のときなんかはベースの先輩に誘われて一緒にやったっけか・・・

とまぁ、そん時以来のギターとの出会いでした。
これからはもう少し大切にして、いつかまたやろうかな。

YouTubeには
何か僕らの高校時代の野球中継の映像もあると聞いたことがあるけど、
見たくないなぁ~僕としては・・・・
でも、負けは負けたままにもできないので、人生で借りを返さないとね。


おしまい、


| 徒然日記 | 22:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

歯医者へ

 
今日、歯医者に行ってきました。

噛み合わせの話は、よくセミナーでもしています。
美と健康にはとても大切な問題です。

鏡の前に立って、志村けんさんのように、「アイーン」と
下あごを前にゆっくり出します。

多くの人は右か左にずれて出てきます。
ずれている方に口角が上がっている人が多いです。
(噛み癖も関係していつので、一概には言えませんが・・・)

よく観察すると、そちらの側の鼻の穴、瞳が小さくなって、
ほうれい線のしわ、目の下しわが出来ます。
これは噛み合わせや立つ重心のずれが本来的な原因で、
こちらを治さないといけません。美容の力だけではないんでよ。

女の人は右へ、男の人が左にずれる事が多いですね。
この噛み合わせと噛み癖が原因で、
姿勢の重心がずれています。
人の身体は、とてもうまく出来ていて、
それを肩⇒腰⇒ひざ⇒足首と微調整しています。

肩、腰、ヒザ、足首の不調の原因はこの辺りにもあります。
それだけではなく、臓器への影響もあります。

左に寄れば、消化器系の負担が増えます。
バリバリ行動的に動く人で、よく食べますが、
太りやすく糖尿になりやすいです。

右に寄れば、腎臓に負担が増えます。
女性の場合は婦人科系の問題も起こしやすくなるので、
要注意ですね。

左右、前後、内外と合わせて、噛み合わせと重心の問題は
美と健康にとって重要な問題なんですよ。
とまぁ、この辺で話は長くなるので止めとくとして、
(詳しくはセミナーでもやってます。)

だから、
歯の治療はとっても慎重に、同時に、よくそのことを理解している
歯医者さんを選ぶことが大切です。
すぐ、抜いたり、削ったりする歯医者さんは避けましょう。
ずれている方の奥歯を治療する時は特に注意しましょうね。


紅葉 


歯医者さんから事務所に来る途中の紅葉がキレイだったので、
パチっと撮ってみました。


おしまい



| 徒然日記 | 15:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

昔の仲間と飲み会!

 
また、久しぶりの更新になりました。
なかなか継続して書くのは難しいものですね。

昨日は、昔の会社の仲間と飲み会でした。

40人ぐらい集まったかなぁ。
久しぶりに会う人もいて楽しかった。

それから2次会、3次会と行って盛り上がりましたよ。



最後は、なぜか良く行くBarで鮫島さんと一緒に飲んでました。

鮫島さん 


僕らの世代としては、憧れのバンドの名ベーシストです。
いろいろと音楽のお話などしてくれました。

有名な人なのに、とても気さくにしてくれて感激です。
とても良い時間が持てて嬉しかったです。

そんな訳で、いろんな人と出会えた一日でした。


おしまい




| 徒然日記 | 21:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2010年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年01月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。