2010年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年02月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

月辰妙見会

 先週末に月辰妙見会に参加してきました。

実は、年始にある方から北辰一刀流の話を聞きました。
(北辰一刀流と言えば龍馬が剣術修行に入門した千葉道場ですよね。)
ただ剣術だけではない奥の深いものだよとのことでした。

ずっと気になっていましたので、
いろいろ調べてみると、千葉家伝来の教えの結集でもあり、
剣術はもちろん、治療、思想などなど奥の深いものだと知りました。

そこで、第二十四世月辰流柔術宗家 千葉 吉胤妙さん
が開催されている月辰妙見会というのがあることを知り、
ぜひ話を聞いてみたいと思ったのです。

当日は、中心が決まり前後左右が決まり陰陽が現れる。
そして縦横の考え方をお話されていました。
なるほどと感慨深かったです。

陰陽の現象をコントロールする律という考えです。
2原論ではなく3元論で中庸をなす。
という感じなのかなぁ~。


以前から五行説で言う「金」と「水」の世界は
色の世界では白と黒です。
でもこの狭間に全ての色彩が存在しています。
その間で中庸をコントロールする光の存在がある。

こう考えると、もっと五行説が新しく捉えられるように感じました。
整理ができれば、もっと心と身体と食の関わりが分かりやすく
伝えることが出来そうです。
もう少しで閃きそうなんだけどなぁ・・・、もう少し・・・・
エゴギョウってのは、なかなか完成できないし、
完成しないから良いのかもしれません。

色の話をもう少し、
可視光線(かしこうせん)とは、電磁波のうち、人間で見える波長のもの。
いわゆるのこと。
波長の短い側から順に、紫、青紫、青、青緑、緑、黄緑、黄、黄赤(橙)、赤で、
俗に虹の七色ですよね。紫の外側を紫外線、赤の外側を赤外線で、
ともに人間の目では見ることができない波長のものです。
陰陽では、紫(陰) ⇒ 赤(陽)となります。


色を識別する方法は2つあって
加法混色(RGB)
光を放つことで色を認識させる。
赤 (Red) ・緑 (Green) ・青 (Blue) の三色で、
これを全部混ぜると白い影が出来ます。
テレビがそうですよね。

減法混色(RYB)
光や反射することで色を認識させる。
RYB(赤・黄・青)の三色で、色彩理論の元になったものです。
現在はこれが発展してCMYKとなりました。
シアン(C)・マゼンタ(M)・イエロー(Y)、
キー(K)は印刷時の輪郭や濃淡のための黒(便宜上)
これの元はRYB(赤・黄色・青)の色の3原色と言われたものです。
これは光を遮る形で色を作ります。
全部混ぜると黒の影になります。プリンターのインクですよね。

これを五行説的に解釈すると・・・・・・・
どうなるのでしょう・・・・・・・・・・・・・
つづきはいつかセミナーで話してみよっと。

どうも最先端科学が言うように、
全ての存在は振動であり、波長であるようです。
この自然のリズムに共鳴できることが、
大切と言うことになりそうですね。

当日は、たくさんの治療家の方が参加されていました。
僕も、もっと踏込んで知りたいと思ってみました。

おしまい


スポンサーサイト

| 徒然日記 | 19:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今年もよろしく!

 
あっという間に、1月も半分過ぎました。
今年もよろしくお願いします!

年始は、神戸に行ったりしていましたので、
東京に戻ってきて、たくさんの事務処理が溜まってました(泣)

僕はみんなと繋がることや、人と人が繋がることが好きです。
ので、この年末年始は小学校、中学校、高校、大学、アルバイト、元同僚など
たくさんの飲み会を企画したり参加したりしてきましたよ。

全部で、100人ちょっとの人と繋がってきました。
とても楽しかったし、みんなも喜んでくれていて嬉しかった。
また、今年一年もっと頑張ろうと思えた。
(みんな頑張っているから負けられません。)
ただ、飲みすぎで身体がフラフラだったけどね。


仕事の話もちょっとすると、
今年から商品のシールを新しくしましたよぉー
玄米新 甘酒新 

大好きな書家の藍さんにお願いして書いてもらいました。
とっても元気がよくていいでしょ。
絵文字屋さん 


『早穫り うまい米』
てしなく
やどりゆく
うまい米をいただいて
元気なまいにちありがとう


『甘酒』
あまくやさしく よい夢醸して
さけさけ豊かなる宴

『古代玄米甘酒』
いにしえ(古)より
元(玄)気に舞い(米)ゆく
旨(甘)味をかみしめるよろこび


あれっ、最後のはどこへ・・・・
まぁいっか、とても元気になるお米なのです。

以前より、このお米で作った甘酒は
(と言っても、アルコールは入っていません)
独特の甘みがあって人気がありましたが、
それに、古代米の赤米、黒米、緑米をさらに使って
古代玄米甘酒が出来上がりました。
とっても香ばしく美味しくなりましたよぉー
古代米の力でエネルギーUPです。

このお米は、健康にもデトックスにもダイエットにも効果が高くて美味しい。
たくさんのお客様に喜んで頂いております。

その秘密の一部をちょっとだけお話すると、
このお米は、元来種のお米です。
なので酵母がたくさんついてます。
これが旨味や甘み、身体にとても良い作用を起こしているのです。
(元来種とは、その先祖がコバルト放射線を浴びた事がない米のことです。
戦後まもなくのこと食糧不足や食味の改善、風水害・病気に強い品種を
つくるために放射線を種にかけました。突然変位種をつくって、
そのなかから人間にとって都合の良い種を選び、
同じようにつくられた種同士を交配しました。
流通している米のほとんどはこうしたお米です。)



お米の品種改良はとても進んでいます。
突然変異したものを掛けあわせていきます。
でも、その手段の一つに放射線照射があります。
人工的に突然変異をつくる訳です。
イネに関していえば100種以上が生まれ、
その系統品種もその後に生まれています。
ちょっと怖い話ですね。

自然の振る舞いを人工的に行うことで効率を良くすることが出来ます。
安全性に問題はないと言われていますが、メリットにはデメリットが
伴うのが自然の摂理でもあるわけですから・・・・

野菜のF1種やハイブリット種の問題もあり、
植物自体から、その命を連続させていく力を奪っているのかも知れません。
私達が食べるものの危うさの、ほんの一端かも知れませんが、
古来種を守ることも大切なこだと僕は思っています。
このお米をすすめている理由の一つでもあります。

また、このお米は早穫していますので、若くて柔らかい勢いがあるお米なのです。
玄米なのに白米と同じように炊けて美味しく、粒も小さいので
ビタミンやミネラルや繊維を普通の玄米より倍以上食べています。
さらに特別な栽培法で調整をしています。(特許出願済)

私達は他の命をいただいて生きています。
命の循環の一部にいる訳です。
そのためにも力強い命を頂いて、
また循環させて行かなくてはならないのです。


今年も、このお米を通して多くの新しい人たちと繋がれるといいなぁ
頑張っていきますね。

おしまい


PS、知人よりメールで知らせがきました。
「遺伝子組換えダイズの第一種使用に関する承認に先立っての
意見・情報の募集について」

このパブリックコメントで国民の意見をこれで聞いた事にする政府の
いつもの手段です。意見がなければ、認めた事になるみたい。
大切なことなので、みなさん意見を言って参加してくださいね。


   





| 食養学 | 19:21 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

2010年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年02月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。