2011年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年06月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

偶然の出会い!

 

昨日、横浜にある工場へ打合せに行って、
いろいろ企画したいことなど工場長(博士)と
話してきました。

帰りに
噛み合せも兼ねて歯科へ行ってきました。

前にも紹介したことあるような気がするけど、
千駄ヶ谷の歯医者さんです。
とても親切で分かりやすいですよ。


んで、思い出したのですが、
前に、この歯医者さんの帰り道、

何だか自然なエネルギーが欲しかったので
(というのも歯が痛かったから・・・)
近くの明治神宮を抜けて事務所に戻ることに、


カフェ 明治神宮 

東京の真ん中にもこんな自然を感じさせるところあるんだよね。
すごく新鮮な空気を感じる。


と、前から、どこかで見たことがあるような人が・・・・・・・

「あれ、〇〇さんですよねぇ~」

「ああ・・・!加藤さんじゃないですか」


2年ぶり?ぐらいかなぁ、
以前に一緒に食養学のセミナーを受けてた、
健康系のメディア関係のお仕事をされている人です。


「何で、ここ歩いてるの?」

結局、理由は全く同じで、
自然を感じたかったようです。


話てみると、

彼は、銀座で噛み合せを診てもらって新宿へ
僕は千駄ヶ谷で噛み合せを診てもらって銀座へ
(真逆のパターンで笑っちゃうけど)
お互い途中で明治神宮を抜けて行きたかった。
何とも偶然で、気の合う感性の持ち主同士のようです。

こんなこともあるんですねと、
話が盛り上がりました。


追伸、

ついに新しい自転車が家に来ました。
岐阜の後輩がかっこいいロードレーサーに乗っていたので、
それに感化されて・・・・

自転車 

こんなのにしました。

ちょっと通勤にはお尻が痛いけど、
今までの半分ぐらいの時間で (かなりオーバー)
事務所まで来れて、気持ちいい!

嫁さんからは、
「どうして、あなたは影響されやすくて、単純なの・・・」
と笑われてしまいました。

梅雨になっちゃうと、
なかなか乗れなくなるらなぁ~
はやく夏にならないかなぁ~

でも、
ちょっと早い梅雨入りですが、
これが四季のある日本の季節です。
今年も大地にたくさんの恵みをお願いします。
今回は大地の浄化もお願いします。


おしまい



スポンサーサイト

| 徒然日記 | 21:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新緑の季節ですね。


先週末、プライベートの用事で西伊豆まで行ってきました。

とっても気持ちが良い陽気で、道中の新緑がキラキラと
目に飛び込んでくるぐらいにキレイだったなぁ。

いつも思うんだけど新緑の季節って
すごく短くてあっという間に終わっちゃう。

新しい生命のエネルギーをいっぱい感じとかなくちゃです。
新緑 


息子が
「ねぇ見て見て、木がこんなに曲がってよぉ!」

松


浜の松は、いつも強い風に耐えているのでしょう
こんなに曲がって成長しています。(写真じゃ分かりづらいか・・・)

これでも逞しく大きくなった生命力も大したもんですわ。


エネルギーをいっぱいもらえた週末でしたよっと。


おしまい



| 徒然日記 | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

後輩が来てくれました。

 
本日、前の会社の後輩が遊び?仕事?に来てくれました。

とても、頭の良いしっかりとした後輩です。
これからの仕事のことや、自分の人生のことを思い描いているようです。

いろいろと話が盛り上がり楽しかったです。
共鳴するところもたくさんあり、
これから何か一緒にできるといいなぁ~と思いましたよ。

ところで、一番の共鳴部分は、


音楽好きと言うところかも・・・・・

「やっぱギター弾きたいなぁ・・・・
       バンド組んでやらない!」



「それなら僕がドラムやりますよ!」


こんな話で大盛り上がりしました。
なんでも話てみないと協力者は現れないものですね。

さてさて実現するかは今のところは????ですが、
一つ、やりたいことが増えました。

彼はとても男前なのでボーカルの方がいいのになぁ~
でも、前に一緒にカラオケに行ったときに
その歌唱力は確認してたっけ、だから・・・・・・

こんなことも楽しく思い出しました。
来てくれて、ありがとう!




ところで、最近いろんなものが壊れます。
先日から携帯が壊れて困っていました。
今日やっと新しいのに変えました。
ご迷惑をおかけした人、すいませんでした。


と、思っていたら昨晩、帰宅の途中で、
もう6年もお世話になっていた自転車が壊れて
動かなくなってしましました。

そこからトコトコ歩いて帰ることになり、
雨の中、淋しい気持ちでいっぱいです。

何せ、起業以来ずっと一緒にいたやつです。
当初は経費もなく通勤以外にも
山の手線内は、ほぼ自転車で駆け回っていました。


何度も修理しながら付き合ってきましたが、
このところ、すごく調子が悪くて、
もうそろそろ、新しいのにしないとかなぁ~
と思いつつ、やっぱり愛着あるし・・・

長い間、ほんとうにお世話になったね。
最後にちゃんと磨いてあげるからな!
ありがとう!

ということで、これまた新しい自転車を注文しました。
最近は自転車通勤の人も増えて、かっこいいスポーツタイプの
自転車にさっそうと乗っている人が目に付きます。


影響されてスポーツタイプのかっこいいやつを注文しちゃいました。
今は何だかオレンジ色のものが欲しくて、
両方ともオレンジにしました。

元気が出て、粘り強そうな色で
昔から好きな色の一つです。

これからも元気いっぱいに仕事ができるように、
そんなことを思ってみたのかも知れません。


携帯さん、自転車さん
今までお世話になってありがとうね!
この次はバイクが欲しいなぁ・・・・・
まだ誰にも言ってない内緒の話なので
秘密ということで・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


おしまい







| 徒然日記 | 23:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

美しい風景でしょ

 
連休後半は実家に行ってきました。

母にも祖母にも会えて、少し早かったのですが、
母の日のプレゼントをしてきました。

あと、母の大好きな「たい焼き」の差し入れを内緒でしてきました。

途中、近所のお爺さんが田植えの準備を夕暮れまで頑張っていました。
「手伝いたい・・・・・です。」と言いたかったのですが、
友人の家に向かう途中で時間がなく、少しお話するだけでした。

日が沈む光景がとても印象的だったのでパチリと撮ってみました。
キレイでしょ。

水田 

水田がその環境と自然を守っているのです。
僕らはもっと大切にしなくてはなりませんね。


東京に帰る電車の中で
科学と神というテーマの本を読んでいました。
(好きな題材の一つです。)
印象に残る文がありました。


========================
人間は自然の中で最も弱い一本の葦でしかない。
しかし人間は考える葦である。

人間を倒すのに宇宙は武器を必要としない。
一陣の風、一滴の水が、人間の命を奪う。

だが宇宙が人間を倒す時、人間は宇宙よりも高貴である。
なぜなら人間は自分が限られた命しかないことを知っている。

自分の無力と、宇宙の偉大さを知っている。
宇宙は人間について、何も知らない。
========================


かのパスカルの言葉です。
宇宙とは神を意識していたのでしょう。
僕なら自然です。

中世の科学者とは、神と向き合い勝負を挑んでいたのかもしれません。
一枚づつ、隠されたカードを開いていくように
この世の、この自然の振る舞いを解いていこうとしたのでしょう。
だから彼らは神学者であり哲学者である資質を持ち合わせていたようです。

科学と宇宙=自然=神が別々のものではなかった時代の古き良き科学の時代です。
それは現代にも引き継がれていると思いたいですね。


おしまい!



| 徒然日記 | 23:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

出来ることを続けます。

 
先週末の連休を使って、
宮城へ行ってきました。

何か自分にも具体的に出来ることがないか・・・
ずっと考えていて、

現地に行ってホントに小さい力だけど
具体的に手伝ってきたい。
単純にそれだけです。

実際に目の当たりにして、
少しだけ縁のある場所へ行って、

こんなことがあっていいのだろうかと、
ほんとうに、この世の現実なんだろうかと、
町はあとかたもなく、何もなくなっていて
茫然として立ち竦んで、
あかんとは思ったのですが、涙が滲んできました。




七ケ浜

海水浴やサーフィンで賑わう浜辺も、
小学校 


ほんの少しだけ縁がある小学校も
(聞けば避難場所になっていて、そのまま流されたようです。)

いったい、どのように復興できるのか
正直、想像できないです。

でも、どれだけ時間がかかっても
やらなくちゃいけないと日本人として思うしかないです。



僕 

さっそく、手伝わせたもらいました。
家の浜の瓦礫撤去、まだまだ遺体捜索が終わっていなくて
立ち入り禁止の場所も多いそうです。

そして仮設住宅設置のお手伝い。
仮設住宅はまだまだこれからです。
多くの人は、まだまだ避難所生活を強いられています。

他界した親父にも、今、日本はこんなひどい目にあってることを
見てもらいたかったので、親父が身に付けてた形見を
いっぱい僕が身に付けていきました。
少しは天国から力になって欲しいです。


あたたかな人や頑張ってる人がいっぱいいます。
地元の方々や大学を休んで帰ってきている人たちも
一緒になって作業をしています。
そんな人たちに逆に励まされているようで、
まったく恥ずかしい気持ちがしました。

みなさん「ありがとう」「ありがとう」と
大したことができない自分に声をかけてくれます。
何だかもっと頑張らなくちゃと思った。

また、これからもずっと続けられることを
具体的にやらなきゃいけないと強く心に誓いました。



避難所へ差し入れを持っていこうと
自衛隊の方がいましたので、
近くの避難所を何件か教えてもらいました。

その一つに伺って、差し入れしてきました。
体育館から出て帰ろうと階段を下りていくと、

どこかで見覚えのある顔が・・・
マスクしてるから良くわかんないし、
ここで会うはずもあるわけないし、

と、すれ違うと、向こうも何だか不思議そうな顔しているから、

「もしかして、ブッサ?」

「あれ、加藤くん?」

何と高校の同級生とばったり会うことになりました。
岐阜の田舎の同じ高校の二人が、この避難所で偶然
すれ違うのも天文学的な偶然だね。とお互い少し呆れましたが、
それほど大きく重大な出来事なんだと思わされました。
それぞれのカタチで何かに役立ちたいね。これからもずっと






今日、依頼されたマコモを使った石けんの試作品が届きました。
昨年末に、ご来社いただいた気仙沼の会社さんのものです。

マコモ石けん 
こんな時で会社さんも大変です。
持ち込み原料で各種の試験も必要で、
その他の希望配合原料も取寄せになるので、
試作にも時間と費用が発生していますが、

そんなことは少しのお金で済むことです。
僕が払ってでも何とか世に出したい。
強くそう思いました。
先方の意見は聞いていませんが、
やれと言ってくれれば、やったります。


おしまい



| 徒然日記 | 20:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2011年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年06月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。