PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

食事に軸を作ってます。

 コメント欄の使い方がよく分からないのでブログに書きますね。

と、今から考えると、以前に「かし」くんからコメントもらって
返信したつもりでしたが表示されていませんでした。ごめんなさい。
半年も前のことで今更なんだけど返信内容を書いときます。


以下、返信です。==================
きっと、前職で静岡にいた頃の後輩だと思うんだ。
俳優になると言ってたの覚えていますよ。
頑張ってるかなぁ~、またいつでも連絡ちょうだいね。
いい先輩じゃなかったけど・・・・ また一杯やろう!

========================
まだ読んでくれているか分かりませんが、届きますように(願)

あと、fantaさんからのご質問の続きを書きますね。

白米と玄米の半々炊きは普通の玄米だとやっぱり難しいかなぁ。
どんな玄米か分からないのですが、白米モードで炊けるものじゃないと
(そんなのなかなか無いかぁ。)
ちょっと、炊き上がりがパサパサして美味しくないかも知れません。
玄米は長めに一晩ぐらい浸水して発芽させると、
それでも柔らかく炊けるとは思いますが・・・・・

『早穫り うまい米』は販売しています。
詳しくは「メールはこちらから」メール頂ければ、
ご連絡いたします。


僕の毎日の食事はというと、
食事には軸を持つようにしています。(お客様にもすすめています。)
基本は、
玄米ごはん(ごま塩 ごま9:塩1)+お味噌汁+旬の野菜2品+梅干です。
ご飯が主食です。食事の半分以上食べることを大切にしています。
おかずがご飯をオーバーしないようにします。お腹がすいていたら
ご飯をおかわりします。
(これでも体重は増えません。殆ど人は減量してくかな。)

食べ方
①最初に梅干を半分食べます。
 (これから食事するぞぉーと体が準備します。唾液や消化液が出ます。)
②一口目はご飯を100回噛んで食べます。
 (咀嚼は重要で体温を上げてくれます。まだまだメリットがたくさんあります。)
③その後は自由によく噛んで食べてます。
④最後に残った梅干をいただきます。

※おかずは旬の野菜を食べます。(季節の生理を大切にしてます。)
※一食に海藻類や豆or豆加工食(豆腐類、納豆、お味噌汁)は入れましょう。
※お味噌汁は精進だしです。
 (前の晩に、昆布や干ししいたけ、大豆や小豆、旬の野菜を浸水して、
   翌朝そのまま煮立てて、一番だしをお味噌汁にしています。
     野菜は具にしても、別途に調理して食べてもOKです。簡単です。
            甘くて美味しいお味噌汁が出来上がります。)
※動物食は普段はあまり食べません。(僕は完全な菜食主義ではありません。)
※お茶は食事中ではなく食後20~30分あとにいただきます。
  (よく噛まずにお茶やお味噌汁で一緒に食べるクセがある人は特に注意!)

普段の食事はこんな感じの軸を持つようにしています。
でも、上にも書いたように僕は完全な菜食主義者ではありません。
何でもそうですが、難しく考えたり、偏り過ぎなくて良いと考えています。

美味しいお刺身や寿司も大好きです。お肉も食べます。
ただ、これらは趣向品や娯楽食的な考えでいます。
ときどき食べれば充分で、毎日、栄養のためと食べることはありません。

もともと、日本人には「ハレの日」「ケの日」という考えがあります。
お祭りなどのハレの日は大いに食べて飲んで外食も楽しみます。
でも普段のケの日には食事の軸を持とうと思っています。

あまり原理主義的に偏って考えることはないと思っています。
もちろん純菜食主義者(ヴィーガン)が悪いとは思いません。
人それぞれ、自分の感じたように感謝して食べることが大切のように思います。

自然と共に生きているのだろうから、なるべく自然に手に入るもの
旬のもの、同じ日本で取れるものを食べています。
あまり加工されたり、遠くから輸入されたりしたものは控えています。

ただ、現代は飽食の時代で何でも何時でも食べることができます。
ともすると毎日がハレの日のような食事を摂っています。
総じて現代の病気の殆どは食べすぎ病と言えます。

食事の軸を持っていれば、
いつでも、その軸に戻ってくることが出来ます。
外食の多い人や、ちょっと食べすぎたなぁ~と思ったら、
基本食に戻れるようになってくれれば良いかなぁ、と考えています。

こんな感じの食事をしています。
でも、昼食は外で食べるのが殆どなので、
なるべく、その場で調理したものを食べてます。
出来合いのお弁当やチェーン店の既に加工されたメニュー品は
避けるようにしています。ご飯が中心な食事にしていますよ。


あとは、ときどき7号食をやってます。
これは体のリセットです。以前のブログに書いてますので、
読んでみてください。


これで質問に答えてますか? ちょっと心配です。



あと、お知らせです。
来月には、また食養学入門セミナーを考えてます。
再来月からは、先に進んだ4回コースの食養学中級セミナーも考えてます。
詳細が決まりましたら、またブログに書きます。
興味のある人は、お問い合わせくださいね。


おしまい



スポンサーサイト

| 食養学 | 20:13 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ありがとうございます。

こんにちは。ご返信くださりありがとうございます。
とても丁寧に…感激です。

食事に軸を持つ。素晴らしい言葉ですね。
ちなみに…加藤さんはご自分でお食事を作っていらっしゃるのですか?
そして、7号食はどれくらいの頻度で行われていらっしゃいますか?
10日間…ですよね?定期的に行われて、その都度どのような変化があるのでしょうか?やはり毎回違うものですか?

でもなかなか、玄米が半分以上というのは…難しいというか慣れませんよね、普通の感覚からいって…。どうしてもおかずを作る時には量を多く作ってしまいがちになりますし、おかずより多いご飯を、となるとかなりの量のご飯を食べなければいけなくなりますし。おかずをあまり作らないのが一番いいのでしょうが、今までの感覚からいくと何気に大変だな、なんて。

でも教えていただけて本当に嬉しかったです。

| fanta | 2010/09/29 12:52 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://indivimax.blog37.fc2.com/tb.php/174-1958e943

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。